スポンサーリンク 

外反母趾 内反小趾を予防する上履き

上履き(上靴)は慎重に選びたいものです。なぜなら、子供たちは一日何時間も幼稚園や学校で上履き(上靴)を履いて過ごしているからです。子供の足が、発達、健康におよぼす影響を真剣に考えなければいけません。

足に合わない靴を履いていると、どうなるのでしょうか?! サイズが小さい靴、大きすぎる靴、曲がりにくい靴・・・成長段階にある柔らかい子供の足が変形してしまいます。重心移動が正しく行われず歩き方がおかしくなります。さらに履き続けることで外反母趾、ハンマートゥ(指のまるまり)巻き爪などになる可能性が出てきます。

成長期の子供は、足がどんどん大きくなるので、当然ながら、少々大きめの靴を買いたくなります。けれど、靴は子どもの健康にかかわってきますので良いものを選んでください。

一番人気の教育パワーシューズ

つま先がゆったり設計だから外反母趾 内反小趾を予防します。衝撃吸収材を使用しており、かかとや足の裏を守ります。体育館で体育で運動をすることを想像してください。スポーツ選手がゴム製の薄っぺらな上履きを履きますか?

上履き教育シューズ

教育バレーシューズ一覧はこちら


上履き教育シューズ

教育パワーシューズ一覧はこちら


上履きキャロット

上履きキャロットはこちら


上履きアシックスすくすく

上履き「すくすく」はこちら


スポンサーリンク

このページの先頭へ